メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック開業キーワード集/keywords

在宅医療の問題点

2015年5月の中医協では、在宅医療の患者の状態に応じた評価のあり方について「在宅医療では、比較的重症な患者から軽症な患者まで幅広い患者に対して診療が行われ、医学的管理の難しさや診療時間に違いがみられるが、患者の疾患・状態に応じた評価についてどう考えるか。在宅医療では、医療区分等に関わらず、在宅時医学総合管理料等の要件となっている1か月に2回程度の訪問が多く行われており、診療頻度によって患者の重症度や満足度に違いが乏しいが、診療頻度に応じた評価についてどう考えるか。」との論点が示されています。

平成26年度の診療報酬改定では、訪問診療料の算定について「同一建物」での診療についての問題が指摘され、一部算定要件が変更されました(2015/11 現在)

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする