メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック開業キーワード集/keywords

医院承継

新規開業を考えている先生方が開業後の立ち上がりの不安感から、「承継開業」を検討するケースが近年、非常に多くなっています。

承継でのクリニック開業は、新規開業と比較した場合、「初期投資額を低く抑えられること」や「最初から患者がついていること」が、主なメリットとして挙げられます。
事実、継承開業後、順調に経営されているクリニックは数多くありますが、承継でのクリニック開業の全てが順調に経営されているかと言えばそうではありません。場合によっては、承継開業のメリットを活かせず「こんなはずではなかった!」というケースも実は少なくありません。

そうならないためにも、押さえておくべきポイントはしっかりと押さえることが必要です。
例えば、承継するクリニックの「今の状態」です。院長先生の高齢に伴う承継の場合、患者の引き継ぎはあまり期待できません。
また、院長先生が開業された時の周辺状況・診療圏と、これからの周辺状況・診療圏とでは、大きな違いがあると思います。
それから、戸建物件の場合、建物の耐用年数から数年以内の大規模修繕の可能性の有無や、従業員の引き継ぎと待遇。医療法人であれば、帳簿外負債の有無。他にも多数押さえるべきポイントがあります。

新規開業に比べ比較的準備が簡単なように思える承継開業ですが、実は、多くの問題が有り、相手との交渉も含め非常に難しいのが実情です。
半面、きっちりとポイントを押さえて進めていくことで、先のメリットを十分享受することが出来ます。
安易に考えることなく、十分検討した上で承継されるべきではないでしょうか。

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする