メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック開業キーワード集/keywords

電子カルテ導入

紙カルテは年月と共に増えていきます。
ヒアリング結果によると、5年目頃から気になりだし、10年目に至るとカルテ棚がいっぱいになる、という傾向があるようです。カルテは冊数よりも厚さがポイントになります。つまり厚さが増えていくことを考慮せずにカルテ棚を選んでしまうと、もう既に5年目のところでいっぱいになります。

ビル診のような場合はスペースに制限がありますので、当然いずれかはデジタル化を検討しなければいけない時期がきます。
新規のクリニックと既存のクリニックが電子カルテを導入する場合、新規開業であれば開業に合わせて導入することが一般的でしょう。
既存の開業医であればレセコンのリースアップに合わせて、あるいは継承開業に合わせて導入する場合が一般的ですが、過去のデータをコンバートすることは必要となります。レセコンのデータをコンバートできるのか。何よりも大事なのが過去のカルテをどうすればよいのか。

これらが電子カルテを導入する際の障壁となっています。

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする