メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック開業キーワード集/keywords

在宅医療

在宅医療とは、その名の通り、患者の自宅での医療のことを指します。

一人では外来通院が困難な方に対して、医師や看護師が患者様のご家庭を訪問し、ご本人・ご家族と協力して医療を行うことです。例えば、高齢者の患者、内臓疾患や骨疾患により歩行困難である患者、脳血管障害で麻痺がある患者、ガン末期で寝たきりの患者などの場合に、診療計画に基づいて定期的に医師や看護師が訪問します。
もちろん急性増悪の場合には臨時の往診も行います。また、介護保険等による他の在宅サービス(訪問服薬指導、訪問看護、訪問介護、訪問入浴、訪問理学療法等)と連携することで、療養生活をより充実したものにすることができます。

在宅医療の目的は、主として患者宅における適切な医療提供を通じて、可能な限り患者の精神的・肉体的な自立を支援し、患者とそのご家族のQOL(生活の質)の向上を図ることにあるといえます。最近では、医療・機械・システムの進歩により、家庭においても高度な医療を受けることができるようになりました。そのため、「自宅で療養生活を送る」、「自宅で最期を迎える」という、当たり前の様でありながら、実は難しいことが可能になりつつあります。

在宅医療を積極的に推進しているクリニックでは、在宅ホスピス(緩和ケア)・癌疼痛管理・高カロリー輸液(中心静脈栄養)・輸血・気管切開・重度脳血管障害ケアなどの比較的高度な医療から、定期的な予防医療まで幅広く行うことができ、癌末期を含む重病患者様でも在宅療養を円滑に行える体制が整備できています。

今後、高齢化が進んでいくのは間違いありません。また、療養病床の削減など社会的入院の是正など医療費の抑制傾向は続きます。
そんな流れの中で、在宅医療の役割は大変重要です。
事実、厳しい診療報酬改定の中にあっても、在宅医療の分野だけは、手厚い配慮があります。現在ご開業されている先生方、これからご開業される先生方にとりましても、今後クリニックを経営していく中で、この在宅医療は避けて通れない課題となっていきます。

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする