メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック開業キーワード集/keywords

自己資金

自己資金とは、いろいろ考え方はありますが、私共では基本的に「新規開業に投下出来る資金」と捉えています。

例えば、預貯金が2,000万円あるとした場合、その2,000万円全額を事業に投下しますと、開業初月から利益が出て先生の取分(所得)が十分にあるということはまずあり得無い訳ですから、途端に生活資金に困ってしまします。

事業に投下出来る自己資金とは、開業後先生の取分(所得)が発生するまでの生活資金を除いて事業に使える資金ということです。
当然、より多く自己資金を投下出来るほど、開業後のリスクが低減される事は言うまでもありません。

開業場所やテナント、保証金、診療科目など諸条件によってまちまちであり一概には言えませんが、今までの開業事例から致しますと平均約1,500万円位です。

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする