クリニック・医院開業のドクターサポート
クリニックを開業する際に必要なこと/column
クリニック開業 > コラム > クリニックを開業する際に必要なこと

クリニックを開業する際に必要なこと



クリニック開業はロケーション調査がまず必要



自分の思う医療を目指して、開業医となるドクターは多くいます。今まで勤務医として医療に携わってこられた方も、その実績を活かし自らクリニックを立ち上げることで、より患者様へ寄り添った医療サポートができるようになるでしょう。

開業し独立をする際には、クリニックの運営についても考えなければなりません。勤務医から開業医になるには今までと違った面での労力が必要となります。開業を行いたいけれど、具体的にどのようなことから始めて良いのか分からない場合、医療の開業支援を行っている会社へ相談してみることもおすすめの方法です。

クリニックを立ち上げる際にはさまざまな準備が必要となります。一番はじめに行うことはクリニックをどこに建てるかということです。クリニックは通いやすさも選ばれる理由の一つとなります。良いロケーションを選ぶことでその後の運営に大きな影響を与えます。自分のクリニックを設立する際には勤務医として働きながら準備を進めておくことになります。

通常の仕事と並行してクリニック開設の準備を行うのは時間的にも体力的にも難しくなるため、支援会社を利用することによって効率よく進めることができるのです。自分のクリニックを設立する際、自分の診療科目についてのロケーション調査を行うことで、患者さんの利用率も高まります。事業計画書の作成の際にも確かな見込率が望めることになり、実際に開業した後もスムーズな経営が可能となります。

患者さんから選ばれるクリニックになるためにはこういった事前調査が必ず必要となり、診療圏調査サービスを行っている会社の利用で、一日あたりどのくらいの人数が来院するかの予測数がたてられるほか、周囲の競合医院の存在についても把握することもできるのです。

次に準備として必要となるのはクリニックを開業する際の資金調達です。運営が始まってから困らないように、事前に資金調達を充分に行うことに越したことはありませんが、自己資金がほとんどない状態でもクリニックを設立することは可能です。

診療圏調査


堅実に開設を目指すなら初期費用を抑える



開業を行うタイミングを逃したくない場合、資金をためる期間をなるべく短くしたいと考える方も多くいらっしゃるでしょう。その場合、設備への初期投資を抑えることで自己資金を用意しなくても開業をすることができるのです。この場合、経営を行う際にクリニックの売り上げが伸びるようにさまざまな施策を打ち出して行きましょう。

また、支援会社で資金調達のサポートを受けることも可能です。開設から軌道に乗るまではどうしてもある程度の時間が必要となります。融資を受ける際に、その支払いについて、金額を抑えて融資を受けることもできるため支援会社へ相談を行うと安心です。

クリニックを開設するためにはそこで働くスタッフを雇用することになります。雇われて働くことと、人を雇って働く場所を提供することには大きな違いがあることを認識しておく必要があります。スタッフの育成についても考えておかなければなりません。自分のクリニックで働くスタッフ採用の際に、注意しておきたいポイントをあらかじめピックアップしておいてから採用面接を行うと、採用の可否についても分かりやすくなります。

クリニックを運営するスタッフには設備面としてだけではなく、コミュニケーション能力や仕事への熱意が重視されます。スタッフ自体もクリニックの顔となるため、採用は慎重に考える必要があります。

準備には、この他にも広告や宣伝、医療機器や事務で使用する際の事務機器もあります。設備として取りそろえる必要がありますが、初期費用を抑えたい場合は、リースを行い分割払いでの支払いで開設する際の負担を減らすことも可能です。また、経営がうまく軌道に乗り、リースの契約が満了した後、改めてほしい機器を揃えることができるので便利です。

開業から暫くの間の支払いを抑えた融資プランはありますか?


リスクを考えて安心の開業



クリニックを開設する際には官公庁許認可が必要です。提出書類の種類や提出期限などがありますが、支援会社ではこのような手続きをサポートしてもらうこともできます。医師として日々の業務に追われていると、細かい書類の準備などが順調にいかないこともありますが、支援会社からサポートを受けることで労力を抑えたり、漏れも無く手続きを行うことが可能となります。

また開業を行う場合に、一般的なクリニックではなく在宅療養支援診療所として設立を検討している際は、患者様の自宅へ往診に行く必要があるため往診用の車両も必要となります。

そして、設立の際には一定の条件を満たす必要があります。保健医療機関としての存在となるため、ケアマネジャーとの連携も条件として出てきます。患者様が一部負担をしている負担金についての回収も事前に考えておくことなど一般の開設とは異なる点も多くあるため、信頼できる支援会社へ相談を行うことが重要となります。

クリニックの開設には種類によってもさまざまな事前準備が必要となりますが、医療行為や医療施設についてリスクマネジメントも行っておかなければなりません。万が一のリスクに備えておくことは、クリニックの開設にとって重要なものとなります。開設を行った本人だけではなく、そこで働く従業員を守るためにも傷害保険をはじめとした保険の種類を知っておくべきです。支援会社では、人や施設を守るためにリスクマネジメントについてもしっかりとサポートを行っています。万が一のことの備えまで万全であるからこそ、安心してクリニックの開設を行うことができるのです。

Dr限定 無料会員登録をする
お問合せをする
  • けあコンシェル
  • 集金代行サービス
  • リコーリースの法則
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする