メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
診療科別 クリニック開業モデル/ModelCase

開業モデル 眼科(手術なし)

開業モデル 眼科(手術なし)

眼科のクリニック開業では、まず『日帰り白内障手術を行うのか、行わないのか』を決定することが重要です。
手術実施の選択によって、坪数などに関係した立地選定エリア・テナントの大きさ、初期投資額に関わる導入医療機器の選定や調達資金、スタッフの選定・人数などすべての要素が関係してきます。

日帰り手術を行う眼科クリニックは、スペースや医療機器等、初期投資額がかなりの高額になります。一つの金融機関では必要資金の全額を調達出来ずに複数の金融機関に打診、資料提出等に奔走したあげく最終的に必要資金を調達出来なかったということもあるようです。

リコーリースでは日帰り手術を行う眼科クリニック向けの特別プランも用意しております。是非、お問合せください。

開業予算

診療(治療)内容により、立地選定、診療スペースレイアウト、導入医療機器が大きく変わることがこの科目の特徴です。

検査に係るスペースや機器等の設備投資をはじめ、固定費が高くなる傾向にありますので、必要患者数は必然的に多くなります。

※モデルの前提条件 ビルテナントへの入居/院外処方/外来のみ
※テナント面積 40坪

内装工事費 2,070 万円
保証金・敷金 360 万円
医療機器 1,980 万円
什器・備品 200 万円
開業準備金 450 万円
運転資金 1,500 万円
総事業費 6,560 万円

眼科のクリニック開業をお考えの医師の皆様はぜひリコーリースのドクターサポートにご相談ください!
ドクターサポートドクターサポートを利用してみる

この記事をご覧になった方は、他にもこんな記事をご覧になられています。
<クリニックレイアウト実例集> 眼科

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする