メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
診療科別 クリニック開業モデル/ModelCase

開業モデル 眼科

開業モデル 眼科(手術なし)

眼科のクリニック開業では、まず【日帰り白内障手術を行うのか、行わないのか】を決定することが重要です。最近は硝子体手術を行う施設も増加してきましたが、投資過多になる傾向が強く、開業時から行うのは、推奨しません。

【日帰り手術】の選択によって立地選定、テナントの大きさ、初期投資に関わる導入医療機器及び調達資金・スタッフ構成など全てはかわってきます。
他の科目と同様に、立地選定の際は、競合医院の数だけではなく、診療圏内の年齢層・近隣他の科目の集患状況、考慮し選定することが必要です。
白内障手術患者は、診療圏内だけでなく、遠方からも来院することが非常に多いのも白内障手術実施クリニックの特徴といえます。(もちろん手術当日は運転厳禁です)
通院時の駐車場確保も重要ですが、交通の利便性・クリニックの視認性なども確認することが必要になってきます。

特に、業者から渡された診療圏資料の数字がいいからという理由で物件選定すると、実際には視認性が悪く、認知されるのに時間がかかる等もあるため、先生自身で事前に周辺を徒歩で歩く・車で訪問してみるなど、物件選定の際に試してみることがクリニック成功への道になります。

医療機器の選定ですが、導入する機器のスペックにより大きく変わってきますので資金調達の際に、ある程度概算見積書を取得することをお勧めします。

収益面では高齢者層が多いエリアは診療報酬単価5,500程度、若年層・ファミリー層が多いエリアでは、5,000円程度となり、40人以上の患者確保がひとつの目安になってきます。
近隣の整形外科や糖尿病内科・一般内科との連携を行うことが、開業後一気に軌道にのせる一つの鍵となっていきます。

リコーリースでは、眼科に特化した開業担当がおりますので、是非お問い合わせください。

リコーリースにて開業した先生の事例

※都心型 テナント契約50坪/院外処方/日帰り手術有
※自己資金1,000万円あるものの、急な資金需要・教育資金等に活用していただくため、事業には投下せず、計画を作成。

開業予算

費用 調達
運転資金 2,500 万円 融資 12,000 万円
内装費用 3,000 万円    
保証金等 500 万円    
医療機器(購入) 5,000 万円 リース 2,000 万円
医療機器
(リース)
2,000 万円    
什器・備品 400 万円 自己資金
開業準備金 600 万円    
総事業費 14,000 万円 調達合計 14,000 万円

◆6ヶ月後

収益
保険診療収入 400 万円 1日平均外来約30名
手術4人/月
経費
人件費 105 万円 ORT1名,看護師1名,
受付3名
薬・材料費 42 万円  
その他 200 万円  
利益(元金返済前、税引き前)
1ヶ月あたり 137 万円  

◆1年半後

収益
保険診療収入 900 万円 1日平均外来約50名
手術20人/月
経費
人件費 160 万円 ORT1名,看護師2名,
受付4名
薬・材料費 90 万円  
その他 380 万円  
利益(元金返済前、税引き前)
1ヶ月あたり 270 万円  

眼科のクリニック開業をお考えの医師の皆様はぜひリコーリースのドクターサポートにご相談ください!
ドクターサポートドクターサポートを利用してみる

この記事をご覧になった方は、他にもこんな記事をご覧になられています。
<クリニックレイアウト実例集> 眼科

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする