メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
診療科別 クリニック開業モデル/ModelCase

開業モデル 耳鼻咽喉科

開業モデル 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科のクリニック開業では、検査をどの領域まで院内で取り組むかを決める必要があります。具体的に言えば、CTやレントゲンを導入される場合もあれば、聴力検査室を設けない場合もあります。また、ユニットを2、3台と、複数体制で開業される方もいらっしゃいます。

最近では、診療内容にも工夫を入れられており『めまい外来』『補聴器外来』といった専門外来の時間を設けている医院もあります。

開業予算

他の診療科と比べてクリニックの数が少なく、不足地域での集患は広い範囲で期待ができます。

検査・処置が中心の診療であることからも、標榜科目の工夫(花粉症、小児 等)や、予約システムの導入による待ち時間の短縮で患者数を増加させることが可能です。

※モデルの前提条件=ビルテナントへの入居/院外処方/エックス線導入
※テナント面積=40坪

内装工事費 2,160 万円
保証金・敷金 360 万円
医療機器 1,980 万円
什器・備品 200 万円
開業準備金 450 万円
運転資金 1,500 万円
総事業費 6,650 万円

耳鼻咽喉科のクリニック開業をお考えの医師の皆様はぜひリコーリースのドクターサポートにご相談ください!
ドクターサポートドクターサポートを利用してみる

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする