メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック開業実績/CaseStudy

集金代行サービスの導入事例

リコーリースでは、金融機関・コンビニエンスストアとのネットワークを十分に生かした回収業務改善システム「集金代行サービス」をご用意しております。
回収方法は口座振替とコンビニ収納サービスの2メニューご用意しており、消し込み作業・振込手数料負担減など回収業務の効率化に貢献できます。

診療費の回収として

医療法人社団伍光会 田園調布病院(東京都大田区)

【導入のきっかけ】

訪問診療という性格上、診療費を現金集金することは煩雑かつリスクのあることは以前からの課題と認識しており、件数が増えてきたら、いずれは便利な口座振替を利用しようと思っていました。

【選定理由】

田園調布病院

医師会の会合に院長が出席した際にリコーリースの集金代行のセミナーがあり、コスト面、将来の導入効果を検討すると今が採用するタイミングだということで採用しました。また、以下も重要なポイントとして感じております。

1.初期費用不要であること
2.少件数から利用が可能であること

【導入効果】

1.患者様・ご家族の都合の良い方をお選びいただけるので、ほぼ期日どおりに回収できております。また、入金管理が一元化できるため、将来的には事務効率もあがると期待しております。

2.操作等わからない時はフリーダイヤルへ連絡しますが、対応も早く、親切にわかりやすく教えてもらえるので助かっております。


診察料回収をコンビニ収納で

(医財)華林会 村上華林堂病院(福岡県福岡市)

入院患者様の診察料回収でコンビニ収納を導入しました。患者様が時間にしばられずお支払いができること、分割払いのご要望にお応えできることがコンビニ収納を導入した理由です。
カード払等のお支払方法が増えていますが、コンビニ収納も選択肢として一般的になってくるのでは、と期待しています。


集金代行サービスを導入することで、「顧客満足(CS)」と「業務効率化」に成功

社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院(熊本県熊本市)

済生会熊本病院最近新聞等でも報道されている通り、医療費の未払いが社会的問題となっています。当院でも未収金問題については最重要課題として取り組み、特に全体の約9割を占める入院費の未払い金をどうにか減少できないか考えていました。そんな矢先にコンビニ収納サービスのことを知り、患者さんへ医療費をコンビニで気軽に支払える環境をご提供することで回収率の向上につながると考えて導入に至りました。

現在は、緊急退院や土、日退院で請求書が郵送になる場合、請求金額が10万円未満に限り、請求書にコンビニ払込票を同封して郵送しております。いままでは「病院まで行く時間がなかなかとれなくて…」と思われていた患者さんも、24時間365日気軽に利用できるコンビニ収納を導入したおかけで、お支払いくださるケースが徐々に増えているように思います。

支払われた時間をみてみると、朝7時台や昼の12時台、夕方以降に集中しています。通勤途中や昼休み、仕事帰りにコンビニに寄って支払われる方が多いと思われ、気軽に支払いができる環境をご提供したことが功を奏したようです。コンビニ払込用紙発行分の回収率は毎月90%前後で順調に推移しており、患者さんの利便性アップに貢献できたのではないかと感じています。
また導入後のサポートもよく、電話でのレスポンスもよく対応していただいており大変満足しています。

    集金代行集金代行サービス

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする