メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック開業の気になるQ&A/Q&A

自己資金ゼロですが、開業できるでしょうか?

クリニックの開業を考えていますが、自己資金がありません。開業はできるのでしょうか?

自己資金

ある開業コンサルタントには、「自己資金0で開業するのは、難しいです。まずは、最低限の資金を貯めるまで、我慢されたほうがいいと思います。」と言われ、親しい医師に相談すると、「自己資金があっても無くても、リスクを負うことに変わりはありません。リースをうまく組み合わせれば、自己資金がほとんど無くても開業できますよ」と言われることもあると思います。

ご自身に「事業をいつまでに軌道に乗せるか」、という視点があるかないかが、判断の材料になるのではないでしょうか。

すでにご承知のとおり、自己資金0であれば、開業後の収支分岐売上(返済をした上で、資金の収支がトントンになる売上ライン)は高くなります。つまり、運転資金が枯渇しないうちに、早期に立ち上げる必要があります。

資金がほとんどない状態で開業され、見事に立ち上げられた医師もおられます。
そのような医師の先生方には、概して次のような特徴があります。

(1)差別化できる専門性

他の医院とは差別化できる診療科や専門性があると、早期に立ち上げるための施策をいろいろ検討できます。

(2)強いマインド

診療所の休診時間には、往診や検診受託をするなど、自ら撃って出る強いマインドのある医師であれば、立ち上がりのイメージが涌きます。

(3)優良な立地と投資の抑制

ゆっくり認知してもらう余裕はありません。地域で患者さんがオーバーフローしているなど、有利な立地で開業する必要があります。また、当初は設備投資をかなり抑えて、我慢していただくことになるでしょう。

(4)自責の考え方

予想よりうまく行かないことはよくあります。そのときに、「○○さんが悪い」などと他責にされる医師ですと、その壁を乗り越えることは困難です。「自分が悪い」と捉えてすぐに改善・対策を打たれる医師が、成功されるでしょう。

これらの特徴は、開業資金の多寡に限らず、ご開業して成功し易いドクターの共通点と言えるかも知れません。

ちなみに、開業された医師の先生方の自己資金は、一般的には1,000万円から1,500万円ほどです。リスクを負って開業されるか、それとも、資金確保や人脈作りをもうしばらく進めるべきか、冷静にご判断いただく必要があるでしょう。

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする