メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック経営の気になるQ&A/Q&A

どの辺りからの来院なのか調べるには?

クリニック開業後、来院患者数は少しずつ伸びていますが、どの辺りからの来院なのかを確認する時間がありません。

マッピング

クリニックの新規開業時には、その市場性を分析する「診療圏調査」を実施しない先生はいないと思います。
近年の都市部を中心としたクリニックの開業ラッシュは、その後のクリニック経営に大きな変化をもたらしました。クリニック経営にもマーケティングの考え方を導入しなくては安定経営が持続出来ない時代となっています。

「患者プロット分析」は、レセコンや電子カルテの患者データ(住所や性別、年齢等)をCSVに変換して地図上にプロットするマーケティング手法です。住所等の文字データを見ても、何となくはどの辺りからの来院かは想像出来ると思います。しかしながら、これを地図という絵の上にポイントとして落として見る絵とでは受ける印象やイメージに格段の差をもたらします。増患対策のイメージがより鮮明になり、先生のアクションも変わってくるでしょう。CSVに変換する少しの手間で、このような分析が可能になります。

リコーリースでは、患者プロット調査を行っております。是非、ご相談ください。

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする