メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック経営の気になるQ&A/Q&A

CTやMRIの入替をしても支払いができるか心配です

CT・MRIが高スペック化すると共に、診療報酬点数も手厚くなり、入替を検討しています。
機器は導入費用が高いため、機器の入替をしても支払いができるか心配です。

MRI

CTやMRIは、様々な医療機器の中でも高額な導入費用がかかります。導入に際しては、採算が取れるのかどうかを事前に検証することが必要です。融資、リース、割賦等の分割払いにて導入する場合は特に注意が必要です。

CT・MRIの1検査当たりの診療報酬点数を収入とし、その検査をするに際して必要な支出(リース月額や融資返済月額、機器保守料金や平均的電気代等)を差し引いて、機器を導入可能な1日当たりの検査数(損益分岐点)を導き出し、その検査数が実現可能な数値なのかを見極めて導入可否を判断するとよいでしょう。

リコーリースでは、医療機器パフォーマンス調査を行っております。是非、ご相談ください。

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする