メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
クリニック経営の気になるQ&A/Q&A

往診用の車両の入れ替えのポイントは?

クリニック開業以来、往診用の車両は勤務医時代からの車両を利用してきました。
そろそろ古くなってきたので入れ替えたいのですが、ポイントはありますか?

軽自動車

一般的にオートリース(自動車リース)を大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することができます。
ファイナンスリースとメンテナンスリースはそれぞれの目的が大きく違います。それぞれの特徴とメリットを比較すると次のようになります。

ファイナンスリース
車両及び登録諸費用をリース会社が負担し、車両の維持管理費用については、使用者が負担する契約です。
金融的性格が強い契約形態です。リースに自動車税等の諸費用が含まれる点を除き、一般的な医療機器のファイナンスリースとほぼ同じです。

メンテナンスリース
車両所有に伴うほとんどの費用(車両及び登録諸費用の他に車検整備・点検、修理等、車両維持管理費)を含めたリースシステムで、
サービス的性格が強い契約形態です。車両は使用に伴う保守管理が厳しく法令で義務付けられており、使用台数が多い企業にはそれが大きな負担となるため、近年急激にメンテナンスリースの割合が多くなってきています。

ファイナンスリースとメンテナンスリースの比較

※FL=ファイナンスリース/ML=メンテナンスリース

メリットの比較 FL ML
資金を効率的に活用できます
節税効果があります
管理事務が簡素化されます  
車両にかかるコストを平準化できます  
常に整備された車両を使用できます  

 

リース料金に含むものの比較 FL ML
車体価格
架装品/付属品
登録諸費用
取得税(自動車登録時に発生します)
重量税(登録時、車検時毎に発生します) 初回のみ
自賠責保険(登録時、車検時毎に発生します) 初回のみ
自動車税(毎年発生します)
メンテナンス料  
任意保険

○・・・一般的に含める費用/△・・・要望があれば含めることも可能

    軽自動車オートリース

無料会員登録をする
お問合せをする
 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©1999-2016 RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする