メニューを見る クリニック開業のドクターサポート
会員限定コンテンツ/member

クリニック経営CaseStudy 1ページ

全 170 件
    次の10件>  最終>>| 
若い働き世代も多い地域でかかりつけ医としての意識づけを実践   2019-02-01
医療法人海陽会まえだクリニックは2016年9月に、福岡市が開発を進める人工都市「アイランドシティ」で開院した。ここは、高層マンションや分譲住宅地の建設、企業の誘致が進められ、約2,987世帯、9,094人(2018年12月現在)が暮らす。 人口構成は30~40代が40%を占め、高齢化率5%と若い世代が集まる都市だ。 ...続きを読む
外来からサービス付き高齢者向け住宅まで持続可能な医療介護体制を整備   2019-01-11
医療法人社団温新会は1988年に、先代の内藤正院長がクリニック内藤を開院。翌年から兵庫県伊丹市周辺で在宅看取りを開始し、2000年、介護保険事業拠点「コンスウェル」も開設した。 ...続きを読む
地域のあらゆる健康の悩みに応えるよろず相談所を目指す   2018-12-07
トータルファミリーケア北西医院は、約70年間地域の親子を支え、三代目の北西史直院長が継承した2007年からは、内科、小児科、婦人科などの外来診療と在宅医療の二本柱を掲げる、かかりつけ診療所としてリニューアルした。 ...続きを読む
住民が地域で生活し続けられるよう診療プラスアルファの地域医療を展開   2018-11-02
今立内科クリニックは、65年間にわたって、内科・胃腸科を中心に外来と入院、透析の3本を柱とするかかりつけ医として地域医療に貢献してきた ...続きを読む
MSWが院内外の調整役として活躍、在宅と外来の両輪で地域を支える   2018-10-05
2011年の開院以降、個人宅の訪問診療を主軸に“どんな依頼も断らない姿勢”で幅広い疾患や年齢層の患者を受け入れ、地域のニーズに応えてきた、いまいホームケアクリニック。 ...続きを読む
患者家族に密接にかかわる家庭医として健やかな地域づくりを目指す   2018-09-06
落ち着きながらも明瞭な声と明るい表情で、患者・家族とじっくり対話する中川院長の姿は、まさしく家庭医そのものだ。 ...続きを読む
メンタルヘルスケア特化戦略で働く人のかかりつけ医を目指す   2018-08-08
夜間診療所は2016年3月、福岡市の中洲地区で開院した。院名のとおり、診療時間は17~23時(平日と祝日)。「働く人を支えるための診療所」を目指し、精神科、心療内科をメーンにした診療を行っている。...続きを読む
大都会の「かかりつけ医」として多様なマイノリティーも受け入れる   2018-07-06
“大都会”で、「都会のかかりつけ医」「都心型プライマリ・ケア」を掲げる、かかりつけ診療所だ。そのコンセプトのとおり、診療領域は風邪や腹痛などの急性疾患、アレルギーや生活習慣病などの慢性疾患、さらに小児・婦人科疾患まで幅広い。 ...続きを読む
糖尿病・甲状腺治療に特化しオンリーワンの地域医療を実践   2018-06-07
神奈川県相模原市は、人口70万人を誇る県内第3の都市である。それに対して、開業医として地域医療の最前線に立つ糖尿病専門医はわずか10人。こうした地域特性を踏まえて、山岸貴洋院長は専門医による、糖尿病と甲状腺疾患の治療を前面に打ち出した医療を提供している。 ...続きを読む
まちのコンビニクリニックとして生活習慣病からがんまで幅広く診療を行う   2018-05-11
下町風情が残る商店街近くの住宅街の一角に、たにぐちクリニックがある。診療領域は生活習慣病から腰痛・膝関節痛、内視鏡検査やがんの早期発見、訪問診療と幅広い、まちのかかりつけ診療所だ。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>| 

 

 
リコーリース株式会社 RICOH

Copyright©RICOH LEASING COMPANY,LTD.

無料会員登録をする